プロフィール
yachi
  • 作者:yachi
  • さいたま市在住・ダンナと二人暮らしの専業主婦。
    ダンナは慢性腎不全!毎日腎臓病食ですがほどほどにがんばってます。テレビが一日中ついている超テレビっ子(^^)趣味は読書・音楽・映画といたってフツー。
    LOVE=秦基博・山崎まさよし・aiko ライブ大好き!
    「水曜どうでしょう」大好き!
  • RSS
  • 管理者ページ
« | 2018/01 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
DTIブログ!

Search

映画「悪人」



観てきました〜。
小説を読んで何とも言えない衝撃を受けて
すぐに映画のことをネットでいろいろチェックしたりして
そうしたら 原作者の吉田修一が脚本に携わるということで
もう、これは絶対に見ようと決めてました。
映画になると雰囲気が変わってしまったりすることが多いけど
原作者が関わっているというのはとても魅力的。


走る車から見るヘッドライトの明かりの中の
流れていくセンターラインの映像から映画は始まります・・・
もう、そこからグッと「悪人」の世界観に引き込まれてしまいました。
孤独とか閉塞感とか飢えとか・・・
そういうものが押し寄せてきた感じがしました。

小説を読んでもイライラしたほどの佳乃のなんていうか・・・
薄っぺらなのに見栄っ張りなところとかあざとさとかを
またそのまま感じた・・・満島ひかりやるなぁ(笑)
佳乃に無下にされた祐一が静かに怒りを爆発させたシーンでは
ドキッとして・・・本当に怖いと思った。
祐一の家の造り、佐賀や長崎の風景、白いスカイラインの走り方、最後に逃げた灯台・・・
小説を読んでうっすらとイメージしていたものが
しっかりとした形になって
それが思いのほか想像通りで
どっぷりと映画の中へ浸かってしまい
もう・・・号泣 
せつなくって苦しくって痛くって 一度泣いてしまったらもう止まらなくって
鼻は出るしで大変でした

灯台への道を登るシーンや寒々しい灯台の中
光代の手は指が節くれだって真っ赤になっていて
もうこれ以上行く場のないふたりの刹那的なかんじが
もうもうとにかくたまらなかった。
小説でも泣いてしまった光代の首を絞めたシーンは
これまたやっぱり、たまらなかったよ。

賞をとった深津絵里ですが。
「賞をとった」ということを知って見たからだ、と言われたら
否定もできないんだけど
なんか・・・すごかったよ。
PG12となっていたからベットシーンが激しいんだろうとは思っていたけど
まあ・・・体張ったなぁ。確かに濃厚なというか生々しいベットシーンでした。
でもね、こんなこと初めてなんだけど
ベットシーンがあまりにもせつなくてやっぱり泣いてしまったのよ。
田舎町で静かにさみしく暮らす独身女と
その中にあった激しい情熱で祐一と一緒に逃げたところと
そのどちらもとても悲しいんだけど
それがありありとしていましたよ・・・

そのせいか、妻夫木聡はもうすこし・・・
もうすこしというか、深津絵里にはかなわなかったんだなぁ。
彼女が良かった分「人気ドラマ俳優」っぽいところが
少し目についてしまったのかもしれないけど。

少し残念だったのがこれ、小説を読んでいなかったら祐一の印象が
だいぶ違うんじゃないかなぁというところ。
どうして最後に祐一は光代の首を絞めたのか。
母親も一瞬しか出てこなかったから
その辺からくる孤独感も薄いものになってしまう。
どうしてあそこまで追い詰められたのかというものが
わかりにくかったんじゃないかなぁ・・・
小説で元風俗嬢が祐一の言葉として言った
「どっちも悪者にはなれんけん」(←確かこんなセリフ。本が手元にないため正確ではない)
というこの一言ってすっごく大切な気がするんだけど
映画では一切出てこないのよねぇ。
それがあってのあのシーンのような気がしたんだけど・・・
これは・・・狙い・・・?

映画が終わってあまりに泣いてしまったのでトイレで化粧直し。
その時に「悪人」を見ていた2人が
「ねぇ、泣いた?」「いや・・・まったく」
「だよねぇ。なんか後ろの人すごく泣いてなかった?」「泣いてたねぇ」
という会話をしていた・・・
ちなみにワタシは最後列で見ていた・・・
結構泣いている人も多かったのでワタシのことじゃないと思うんだけど(笑)
それはさておき、ああきっとこの人たちは小説は読んでいないんだなぁと思ったの。
もちろん泣くか泣かないかは人それぞれだから一概には言えないんだけど
そのへんが・・・やっぱり伝わらなかったってことなのかなぁ・・・と。



それにしても。
見てよかった・・・・・・
すごく良かった・・・・・
今でも思い出すと胸は苦しい。



AVATAR アバター (3D)




先週末に観てきました

大作だし、ヒットしてるし、話題だし・・・
でも、正直、まったく興味なかったんですよねー。

CGやVFXがスゴイ!と言う映画に惹かれないんです。
特にこういう空想のお話に。

でもとにかくダンナが観たがったというのと
3Dの映像ってどんなものか、ということに興味があったので
観てみることに。


映像はすごかったですよ。さすがに。
奥行きがね、すごいんですねー。
3Dじゃなくてもすごいんだろうけどね、
やっぱり新鮮なモンでした。

ただいかんせん、ストーリーがねー・・・
よくある展開と言うか・・・
ワタシ的には映像が主役、ってかんじでした。

あとね、3Dメガネの重いこと。
頭痛くなるし、鼻にはあとが付くしで。
メガネの上からでもかけられるようになってるんだけど
メガネとのダブルは結構つらいみたいだよ。

ただ、数日前の「ほぼ日」で糸井重里が絶賛していましたよ。
後を引いて、じわっと面白くなってきて
2回観に行ったんだそうだ。夫婦で。
で、2人とも「やっぱり面白い!」と言うことになったんだとか。
おまけにラストシーンでは映画館で拍手がおこったらしいよ。

だからねー、好きな人は好きなのね。
ワタシは最初っから内容に興味がなかったんだから
仕方がないっていうことかな・・・

映像以外で印象に残ったことは
ネイティリの体のしなやかさが羨ましかったのと
殺し合いの戦争はやっぱり嫌だな、ということでした。

それにしても久しぶりに大作観たなー。

「転々」(DVD)




「時効警察」コンビということで、
同じようなノリなのかと思いながら観ていましたが・・・
岩松了、ふせえり、松重豊の3人のシーンには強くそれを感じたけれど
オダギリジョーと三浦友和のシーンはなんとも切ない。
とにかく、「ゆるい」映画が観たいと思って借りたのですが
じんわりとこんな切なさを感じさせるなんて、思ってもいませんでした。

借金取りの男に家に踏み込まれるシーンから始まったので
2人の関係が親子のように、変化するなんて。
最初は冗談かと思っていたけど、本当に奥さんのことを殺してしまっていて。
これ、十分重たい話なのに、いたって淡々と、話は進む。

小泉今日子が登場してからはまた雰囲気が変わって
オダギリジョーと親子ほどの歳なんて離れていないのに
なぜだかちゃんと親子のように見えるんですねぇ。
あの、家の雰囲気がまたいいんですよねぇ。
古い一軒家で決しておしゃれなかんじじゃないのに
すごく味があって。
三浦友和が「カレーが食べたい」と言った時、
オダジョーが「散歩」が終わってしまうこと、
この「家族」が終わってしまうことを戸惑ったように
ワタシも観ていて、同じように戸惑ってしまった。
前出の3人が今にも死体を発見しそうになると
お願いだからまだ見つけないで、
散歩を続けさせて、自首させてあげて、と思ってました。

いいですね〜。
なんとも、いい雰囲気の映画でした。
そうそう、岸部一徳が「おいしい」役をやってました(笑)
あのひとを、あんな使い方したところが、またおもしろい。

「007カジノロワイヤル」(DVD)・「007慰めの報酬」(映画)


 カジノロワイヤル



 慰めの報酬

きのうの土曜日は「007デー」・・・
なんでかって。
あのね、「カジノロワイヤル」って結構評判が良かったでしょ?
それに、
さかのぼってジェームス・ボンドが007になった時の話だってことで
当時見たかったんですよね。
でも、なんだかんだで見逃してしまい。
そこで「カジノロワイヤル」をDVDで見て、
「慰めの報酬」を見に行こう、ということに。
・・・と思っていたら「慰めの報酬」もギリギリになってしまった。
上映スケジュールを見るとどうやらきのうがラストチャンス。
と、言う事で一日で両方、見たのです・・・
もう、ボンドに追いかけられてるみたいでしたよ・・・

いやぁ、カッコイイ・・・ 
ダニエル・クレイグがすごくカッコイイ。
ワタシはピアース・ブロスナンの007しか見た事なかったのですが
これは、全然別モノ。
すごく硬派な007。
そのぶん、もともとのファンの人などには賛否両論かも。
でも、ワタシはすごく好きでした。
・・・あれ、ワタシ、ダニエル・クレイグが好きなのかな?ムフー
眼がすごくキレイ
ああ、そうか
ボンドが今までと違って純愛、だったからだ。
(その分悲しい結末だったけどね〜。)
そして「スマートな不死身のヒーロー」というより
とても人間的なところも、きっと魅力のひとつなんだな〜。

ワタシは「カジノロワイヤル」のほうがおもしろかったですねぇ。
最後に「ボンド、ジェームスボンド」とお約束のセリフを言った時は
ちょっとたまりませんでしたねぇ。
「慰めの報酬」は
なんだかすごい駆け足で、舞台があちこち飛んでる感じでね。
忙しく2本見ようとした疲れが出たのか
一瞬集中力が途切れたときに話を見失っちゃって
「あれ〜?」って言うまに終わってしまった。

次作もあるみたいなので、楽しみです。
次は余裕を持って見たいですよ・・・

「river」(DVD)




みすた君の2作目です。
TEAM NACSの面々が出演してます。
これも、TSUTAYAで「アフタースクール」のならびにありました。
ほかの作品(「man-hole」や「銀のエンゼル」)もあったけど
ミステリーがいいかな、と、コレを選びました。

最初からくら〜いかんじですよ。
もう、ずっと暗いトーンでした。
ミスター、あーゆーの撮るんだねー、って新鮮な驚き。
時間がね、あっちこっち飛ぶんですよ。
過去に行ったり、現在だったり。
集中してみていないとわからなくなりそうな。
そういう面では「難しい」ってかんじ。

終わり方が印象的。
救いがないおはなし。


これで「クライマーズハイ」からあわせて4本
衝動借りした分が終了〜。


「運命じゃない人」(DVD)




「アフタースクール」
がレンタル開始になった頃
TSUTAYAに行ったらランキング1位になっていた
おおお。そんなに世間の注目を集めていたのね。
ウチはねぇ、結局DVD買っちゃったんだな。
すでに3回くらい見ましたけど
結果を知ってて見ると、これがまたおもしろいんだよねぇ。

で、TSUTAYAで「アフタースクール」の隣に内田けんじ監督作品の
「運命じゃない人」も並んでいて
これって、密かに(?)話題の映画だったはず。
「アフタースクール」の出演者が口をそろえて
「運命じゃない人はすごいぞ」って話をしていたので(雑誌とかでね)
これはもう、見るしかないでしょう・・・ 

同じ日の同じ時間を登場人物それぞれの視点で見ていくと
ちょっとしたラブストーリーだと思っていたものが
大金の絡んだまったく違う話に 
細部にわたってうまいこと話しが絡まって
「ええっ?」とか「あー、あの時か!」とか
驚いているうちにあっという間に終わってしまう、と言う感じ。
さすがだ・・・
この映画で注目されて、
2作目ではあんなにたくさんの役者さん使うような映画になったんだなぁ。
って、それが良くわかる。

「あのときのあれがなんだったんだっけ?」とか言いながら
もう一度細かく見てしまいました。
おもしろかったよ〜